〒525-0072 滋賀県草津市笠山八丁目3-111 電話 077-566-0012(代表)  FAX 077-566-0015

小学部077-566-0009 中学部077-566-0008 高等部077-566-0007  びわこ学園部校舎077-566-4315

トップページ
学校長挨拶
沿革
校歌
学校経営方針
日課表
小学部
中学部
高等部
高等部夢の
設計図
びわこ学園部
スクールバス
年間行事
教育相談
いじめ防止
卒業生の進路
学校評価
草津養護NEWS
表彰
草津養護学校後援会
2015びわこ
 総合文化祭
お問い合わせ
アクセス
リンク集
更新履歴


滋賀県立草津養護学校 高等部 平成30年度



[教育目標]

◇仲間を信頼し協力し合いながら、人間関係を豊かに広げお互いを尊重できる人格を養う。

◇心身の健康を保持・増進し、健康なからだづくりに努め青年期にふさわしい体力を育てる。

◇労働の基礎的技術・知識を学びつつ、働くことの意義を理解する中で主体的に労働にと

 りくむ意欲を育てる。

◇生活を主体的に切り拓いていく力を育てていくとともに、知識をたくわえ文化に親しみ、

 自分らしく生きる力を豊かに育てる。




[生徒の実態]

 今年度は本校中学部より34名、地域の中学校から12名、あわせて46名の新入生を迎え入れました。

 現在134名の生徒が高等部に所属しています。

 各学年の内訳は、1年生46名【男子31名・女子15名】、2年生41名【男子27名・女子14名】、3年生47名【男子25名・女子22名】です。


 障害種別の面からみると知的障害の生徒が最も多く、肢体不自由の生徒、重度・重複、聴覚障害や発達障害を併せ有する生徒と様々な実態の生徒が在籍しています。

 また、中には健康面への配慮から、吸入・吸引・注入などの医療的ケアを必要とする生徒や心臓疾患やその他の疾患を併せ有する生徒も在籍しています。

 不登校傾向や場面によって言葉が出にくい生徒、気持ちの整理がうまくできないことにより行動面などの様々な課題や困難を抱える生徒、あるいは自己肯定感や自信がもちきれず不安定さを抱える生徒など、豊かな人間関係を築いていく上での課題のある生徒も増えています。

 それぞれの障害や実態に応じた、適切できめ細やかな対応が必要となっています。


 高等部の時期は青年期の入り口にさしかかり、身体的にも精神的にも大きな成長を遂げるときです。

 仲間とともに育ちあうことを通して、子どもからおとなに向かっていく「新しい自分」を一人ひとりの生徒が自分自身で見出していく時期とも言えます。

 これから続く「自分づくり」にとって大切な時期であるからこそ、それぞれの発達課題や障害、生活実態に応じたきめ細かい取り組みをさらに積み上げ、人格的な発達を支えていく指導が求められています。




[学習集団の編成]

 生徒一人ひとりの課題に応じた取り組みを保障する観点と、指導の系統性を追求していく観点から、課題を共有する生徒で基礎集団(学級)を編成しており、今年度は18クラスとなっています。

  また、高等部集団として、クラスを超えたかかわりや学年のまとまりを意識した活動を保障していくために、「学年別集会(1年生グループ・2年生グループ・3年生グループ)」の時間を設定しています(水曜日11:15〜12:00)。

 あわせて、より課題に迫ることをめざしてクラスをより細分化した課題別学習や複数クラス合同のグループ学習の編成もしています。

 登下校時や休み時間などに見られるクラスやグループを超えた関わりも大切にしており、お互いに響き合える多様な関係を築いていくことを目指しています。